PDFファイル保存禁止・HTMLモードの詳細

サンプル集    体験版ダウンロード    料金    

1. PDFダウンロード禁止・HTMLモードの概要
Adobe Readerの保存ボタンをクリックできなくします。Adobe® Readerのツールバーを非表示にし、ブラウザのメニューからの保存を禁止します。また、必要に応じて、PrintScreenキー対策やキャッシュ対策を有料オプションで追加することができます。
 HTMLモードでは、基本的には、PDFファイル自体に何かセキュリティ処理を施すのではなく、見せ方をセキュアな方法で行うようにするソリューションです。より高いセキュリティを確保されたい場合は、万が一保存された場合でも対処できるように、AJモード(PDFファイル自体を加工し、特定のURLのみで閲覧可能なPDFファイルを作成することのできる対策になります。)と併用していただきますと、より強力なプロテクト機能を実現できます。

 ・・・最も基本的なサンプルページです。PrintScreenキー対策やキャッシュ対策など他のサンプルはこちらをご参照ください。

お見積もりのご依頼など、お問い合わせはこちら

2. 「HTMLモード」動作イメージの概要

@サーバへのインストール作業は一切不要

HTMLモード(Windows・exeファイル)は、PDFを保護したいとお考えのお客様の会社の加工担当者のPC1台〜にインストールするだけでよく、サーバに事前に何かをインストールしなければならないとかいうことは一切ございません。

イメージ的には、PDF保護に特化したホームページ作成ソフト(WEBアプリ一括作成ソフト)だとお考えください。

A閲覧者も特別なソフトのインストールは不要

閲覧者もAdobe® Readerと環境(OSやブラウザ)によってFlash Playerが必要なだけで、特別な専用ビューアのインストールは不要です。さらに、環境によっては(たとえばGoogle Chromeをご利用の場合など)Adobe® Readerさえ不要な場合もあります。
また、ユーザー数(閲覧者数)にライセンス料金は影響されません。ライセンスはWEBサーバのドメイン数(サブドメインの数は無制限)に拠ります。

B御社社員のPC1台〜にインストールして加工

作業担当者の環境としては、FTPソフトさえあればOK。Acrobat®(Standard版やProfessional版)は不要です。HTMLモードのアプリケーション(exeファイル)で作成したHTMLファイル・JSファイル・Flashファイルを、オリジナルのPDFファイルと一緒にFTPソフトなどでサーバ(LinuxやWindowsサーバなど。)に転送するだけで、すぐに動きます。基本的に作業担当者の方のPC1台にインストールして作業をしていただくだけです。

BAdobe® Readerのツールバーは非表示に。

Adobe® Readerのツールバーは非表示になりますので、ツールバーの保存ボタンをクリックできません。

Cブラウザのメニューからも保存できません。

ブラウザ(Microsoft Edge/IE/Firefox/Google Chrome/Mac Safariなど)の[ファイル]→[名前を付けて保存]など)から保存できません。

Dもちろん印刷禁止にも対応

HTMLモードのアプリケーション内にて、印刷禁止の設定(PDFの加工)も可能です。また、非推奨ですが、印刷を敢えて許可することも可能。また、256bit AES暗号化(PDF 1.7, Adobe Extension Level 8)に対応しています。

Eモバイルにも対応

PDF No Save・HTMLモードなら、iOS(iPhone/iPad/iPod touch)のSafariやGoogle Chrome・Firefoxでの閲覧に対応しています。(Androidスマホにはアルファ版扱いですが、対応しています。)

F動的に生成されるPDFにも有料オプションで対応

PDFライブラリーや帳票出力システムなどサーバ上で動的に生成されるPDFにも、有料オプションで対応可能です。サーバサイドのプログラム言語も、PHP、ASP .NET(VB .NET/C#)をはじめて、JSP版、Classic ASP版、Perl版など豊富なバリエーションを準備させていただいています。

GPrintScreenキー対策にも有料オプションで対応

Windows標準のキャプチャー機能であるPrintScreenキー対策も有料オプションで提供しています。

  1. (基本的なイメージ)
    今まで、「<a href="sample.pdf">PDFファイル</a>」のようにしていて、PDFファイルに直接リンクしていたものを、「<a href="test.html">PDFファイル</a>」のようにしてリンクしていただき、PDFファイルのパスが分からないようにします。test.htmlのHTMLソースは難読化されています。このtest.html及び付属のJSファイルを作成するソフトウェアがHTMLモード(Windows端末上で動作するデスクトップ・アプリケーション・exeファイルです。)です。
  2. HTMLモードで生成したHTMLファイル・JSファイルをサーバにアップロードていただきます。保護したいPDFファイルも、もちろんアップロードしてください。
    test.htmlにアクセスすると、Adobe® Readerのツールバーが非表示の状態で、ブラウザ上にPDFファイルが表示されます。


    30日間無料でご使用いただけます。Windows2000/XP以上で動作します。

    Adobe Readerのツールバーを非表示にすることで、保存ボタンをクリックできなくします。
  3. ブラウザの保存機能(ファイル→名前を付けて保存)も禁止・無効化されています。
  4. 必要に応じて、PrintScreenキー対策ブラウザのキャッシュ(一時ファイル)対策を組み合わせることができます。
3. PDF保存禁止・ダウンロード禁止を行うために必要なソフトウェア
  • PDF No Save・HTMLモード本体
  • Acrobat(Standard版/Professional版)は不要です。
  • HTMLモードにも印刷禁止機能や、画像やテキストのコピー禁止機能はあります
  • HTMLモードのアプリケーション(exeファイル)で作成したHTMLファイルやJSファイル・Flashファイルなどを、サーバに転送するためにFTPソフトが基本的に必要です。(FTPソフトとは、NextFTP4のようなソフトのことです。)HTMLモードには、FTP機能はございません。

    ブラウザからファイルをアップロードする仕組みしか準備されていないWEBアプリの場合、HTMLモードのご利用は難しく、もう一つの保存対策「AJモード」を御利用いただいたほうが導入がスムーズな場合があります。
4. サンプル
 ・・・基本的なサンプル及び、PrintScreenキー対策やキャッシュ対策のサンプル、AJモードと併用したパターンのサンプルページなど。

.
5. 機能と料金

AコースBコース
Windowsブラウザ
(Microsoft Edge・IE・Firefox・Google Chromeなどのサポート)
Macブラウザ
(Safari/Mac版 Google Chrome/Mac版Firefox※5-5のサポート)
×
iPhone/iPad/iPod touch
(Safari/Google Chrome)
詳細
×
Android携帯・タブレット
(Firefox/Google Chrome)
詳細
×
(試験的な対応)
有料オプション「PDFファイルのPrintScreenキー対策」との組み合わせ可否 ×
オープンソースのJavaScript製PDFビューア「pdf.js」を利用した表示

(Windowsブラウザのみ)
日本語などの全角文字を含むファイル名・パスの処理※5-1×
フォルダー単位でのバッチ処理
(一括処理)※5-2
1回の処理で最大10ファイルずつ。1回の処理で最大500ファイルずつ。
(ただし、サブフォルダーへのバッチ処理はできません。)(サブフォルダーに対しても一括処理可能です。)
料金(全て税込み。1ドメインあたり。サブドメインの数は無制限です。※5-4 29,160円(税込み。
本体価格27,000円)
45,360円
(税込み。本体価格42,000円)
無料サポート期間90日間 180日間
月額費用不要。(無料サポート期間終了後も、継続して使用していただけます。)
無料サポート期間後の延長サポートあくまでも任意です。無料サポート期間終了後も、継続して使用していただけますから、必須ではありません。ご希望の方は任意の時期にお申し込みいただけます。価格など詳細はこちらをご参照ください。

※5-1 基本的に、ファイル名は、Shift_JISに含まれる漢字・文字のみサポートしています。漢字でも、Shift_JISに含まれない漢字(例: 圠圢圣圤圥圩圪圬圮圯圳圴圽圾圿坅坆坌坍坒坢 など)を含む場合は、サーバによって動作する場合としない場合がありえます。その他、お客様のサーバで動作するかどうかは、必ず体験版でご確認ください。

.

※5-2 いずれのコースでも何回か、バッチ処理作業を繰り返していただければ、どんな数のファイル数でも結局は処理できますが、作業時間の軽減が何よりも重要な場合には、上位コースをご検討ください。)

.

※5-4 IPアドレスでの運営の場合は、原則として1IPアドレス1ライセンスとなります。また、ASPサービスでのご利用の場合には、1ドメイン1ライセンスという計算にはなりませんので、サポートにご相談ください。また、PDFを販売目的で公開しているサイトの場合、PDFファイルもしくはPDFの元となるテキストデータ・画像データなどの著作権を買い上げているケースでも、必要ライセンス数について御相談ください。その他、ライセンスに関する詳細は、御利用規約の第2章の「ライセンス」の項を参照してください。

※5-5 Mac版Google Chrome/Mac版Firefoxの場合は、AJモード併用時は、AJモードの設定時に、ご注意いただく必要があります。同じく、Windows版Google Chromeでブラウザ内蔵のPDFビューアやMicrosoft Edgeを対象とされる場合も、AJモードでの設定時に、ご注意ください。


(Windows2000・XP以上で動作します。サーバにインストールするタイプではありません。)


.
6. 有料オプション
Windowsの場合、PrintScreenキーによるプリントスクリーンを防止します。 A. PrintScreenキー対策・・・32,400円(1ドメインあたり。税込み。本体価格30,000円)。PrintScreenキー対策の詳細はこちらBコースの場合のみ、お申し込みいただけます。Aコースではお申し込み不可です。

.

B. ブラウザのキャッシュ(一時ファイル)対策・・・22,680円(1ドメインあたり。税込み。本体価格21,000円)。ブラウザのキャッシュフォルダーからPDFファイルをコピーされるのを防ぎます。キャッシュ対策の詳細はこちら

.

C. AJモード(通常版)・・・29,160円(1ドメインあたり。税込み。PDFファイル自体にセキュリティ処理を施すことにより、万が一保存された場合にも対応できるようにします。別途、要Acrobat® Professional版・バージョン7以上。HTMLモードとの同時申し込みの場合には、5,400円の割引になっていますので、実質プラス23,760円でご購入していただけます。AJモードの詳細はこちら

.

D. AJモード(スタンドアローン版)・・・23,760円(1ドメインあたり。税込み。)。PDFファイル自体にセキュリティ処理を施すことにより、万が一保存された場合にも対応できるようにします。Acrobat® Professional版は不要です。HTMLモードとの同時申し込みの場合には、5,400円の割引になっていますので、実質プラス18,360円でご購入していただけます。AJモードの詳細はこちら

.

E.URLコンバーター・・・34,560円(1ドメインあたり。税込み。本体価格32,000円)。DB(データベース)と連動した動的なサイトの場合などに使用していただくオプションです。サーバにPHPもしくはPerl・VB .NET、JSPがインストールされていることが条件です。その他の言語についてはご相談ください。詳細はこちらをご参照ください。

.

F.擬似ツールバー機能・・・16,200円(1ドメインあたり。税込み。本体価格15,000円)。
PDF No Save・HTMLモードでは、基本的にAdobe® Readerのツールバーを非表示にすることで対策としていますが、保存ボタンを隠すのは良いが、その他のボタンまで隠れてしまうのはちょっと・・・と感じられる場合もあるかと思います。

そこで、この有料オプションの「擬似ツールバー」機能では、AJモードとの併用により、保存ボタン以外の主要機能のみを搭載した擬似ツールバーからPDFファイルを操作可能にしています。擬似ツールバー内には、「次のページに移動」「前のページに移動」「1ページ目に移動」「ページ全体を表示する」「ページの横幅を画面に合わせる」「拡大率を上げる」「拡大率を下げる」「印刷する」のボタンを表示可能です。概ね、Adobe® Reader8以上で動作します。各ボタンは画像になっており、お客様のデザインに変えていただけます(ファイルの縦横サイズなどの制限はあります)。擬似ツールバー機能に関する詳細は、こちらをご覧ください。

G.HTMLモード版・「PDFページの閲覧期限設定機能」・・・10,800円(税込み。本体価格10,000円)。JavaScriptによるチェックだけでなく、PHPやASP .NET(C#)、VB .NETなどサーバサイドプログラムでのチェックも可能です。このHTMLモード版の「PDFページの閲覧期限設定機能」をお申し込みの場合で、AJモードを併用される場合は、AJモード版のPDFファイルの閲覧期限設定機能(通常5,400円)は無料でご利用いただけます。

H.HTMLモード・コマンドラインからの操作対応機能・・・ドメイン数にかかわらず43,200円(税込み。本体価格40,000円)。詳細はこちらをご参照ください。

I.延長サポート・・・180日間もしくは90日間の無料サポート期間だけでは短すぎるという方は、延長サポートをお申し込みいただけます。延長サポートはあくまでも任意です。また、延長サポートは製品のお申し込み時だけではなく、任意の時期に、必要になったときにお申し込みいただけます。詳細はこちらをご参照ください。

.

G. 各種コース変更
  • AコースからBコースへのアップグレード・・・1ドメインあたり18,360円。無料サポート期間の延長は60日間。

    .


.
7. 体験版
体験版はこちらのページよりダウンロードしていただけます。
約30日間、お試しいただけます。

.
8. 動作環境
  • 基本的には、Adobe® Reader 6以上で動作します。ブラウザにより、多少変わります。
  • Mac版OperaやMac版IEなど、ブラウザ内でのPDF表示にAdobe® Reader自体が対応していない場合には、エラーメッセージ(アラート)を表示させ、PDFファイルは表示させないようになっています。ブラウザ別の対応状況の詳細はこちら
  • 選択される機能により、またブラウザにより、一部機能は、Flash Playerがインストールされていることが条件となる場合があります。

9. サポートについて
サポートは全てメール(pdf@shtml.jp)になります。お電話でのサポートはありません。ご購入後の無料サポート期間につきましては、コースにより異なりますす。無料サポート期間の詳細はこちらをご参照下さい。

.


10. お申し込み方法
 こちらよりサインアップをお願いします。

お見積書のご用命もお気軽にサポートにお問い合わせをお願いします。

お支払い可能な方法は、下記の通りです。
  • 銀行振り込み(郵貯銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)

  • クレジットカード決済  
    (powerd by 。お申し込み内容をご確認後、請求額を確定させていただき、決済用のURL(イオンレジのものです。弊社にはクレジットカード番号などは一切漏れません。)をご案内させていただきます。営業時間内であれば、本お申し込み完了後、平均3時間程度で決済用のURLをご案内させていただきます。)

     クレジットカード決済の場合でも、製品版を即時にダウンロードしていただけるわけではありませんので、御注意ください。製品版のダウンロードURLのご案内は、2営業日以内(ほとんどは、翌営業日)にご案内させていただきます。お急ぎの場合は、その旨、下記のメッセージ欄にご記入ください。約束はできかねますが、出来る限りの対応をさせていただきます。

30日間無料で御利用いただけます。Windows2000/XP以上で動作します。
(Windows2000・XP以上で動作します。サーバにインストールするタイプではありません。)


| ホーム | AJモード(想定外のURL・パスでPDFファイルを表示できなくする対策) |
| HTMLモード(保存行為そのものを禁止) | HTMLモード・体験版ダウンロード | よくある質問(HTMLモード) |
| PrintScreenキー対策などの有料オプション | AJモード・体験版ダウンロード | お問い合わせ |
| AJモードとHTMLモードの比較 | よくある質問(AJモード) | お申し込み | 会社案内 |


© 株式会社プランセス 2008-2017