PDFセキュリティ:印刷禁止だけで十分ですか? 


このページは、PDFファイル保存対策ソフト「PDF No Save」・AJモード(スタンドアローン版)の案内ページです。AJモードを使うと、特定のURL・パスでしか開くことのできないPDFファイルに加工することができます。しかも、閲覧者の環境としては、Adobe® Readerのみで閲覧可能であり、専用ビューア・専用プラグインは不要です。22,680円(税込み)〜。


実は、PDFファイルの「印刷禁止」を尊重するかどうかは「紳士協定」

▼ ブラウザ内(+Adobe® Readerプラグイン)で
「印刷禁止」を施したPDFファイルを開いたところ。
プリンタアイコンはグレイアウトして、印刷できなさそうに見えますが・・・。

一旦保存されて、Adobe® Reader以外のPDFビューアのうち一部のPDFビューア(無料ソフト)で閲覧された場合、印刷されてしまいます。しかも、Firefoxという日本で何百万人も使っているブラウザのデフォルト内臓PDFビューアも、この印刷禁止の設定を無視する現実があるのです。

実際、印刷禁止などのPDFセキュリティはいわば紳士協定であり、守られるかどうかはPDFビューアの製造元の考え方次第です。これを裏付けるものが、下記のダイアログです。

Adobe® Acrobat®をご利用中の方は、PDFファイルにセキュリティをかけようとした際に、左のようなダイアログが表示されているのを見たことがあるかもしれない。(最初の1回目は必ず表示されるはずなので、今表示されていないとしいないとしたら、「次回から表示しない」にチェックを入れられたことがあるからだと思います。)

権限パスワードで設定した制限は、すべての Adobe 製品に適用されます。ただし、サードパーティ製品の中には、この設定が完全にはサポートされず、適用されないものがあります。そのようなサードパーティ製品を使用している受信者は、設定されている制限の一部を無視できる場合があります。

言い回しが少し難しいですが、要は、「少なくとも、Adobe® ReaderやAcrobat®で閲覧している限りは印刷できないことは保証できるけれど、他のPDFビューアで閲覧している場合には、印刷されてしまったりすることもあるけれど、(それはPDFというファイル自体の規格・仕様なので、)その旨、ご了解ください。」ということです。

上級者は、「印刷」メニューからの、セキュリティなしのPDFファイル作成方法を知っています。

さらに問題なのは、ユーザーが自由に印刷できるようになると、プリンタの選択画面でPDF作成プリンタドライバー(海外製のものを中心に無料のものが多数あります。)を選ぶと、印刷文書のPDF化が可能なことです。これが何を意味するかと言えば、元もとのPDFファイルは印刷を許可しないファイルであったとしても、ひとたび、そのような紳士協定を無視するPDFビューアで開かれ、印刷メニューを通して、PDFファイル(セキュリティがかかっているもの。)の再PDFファイル化というアクションを取られてしまうと、生成されるPDFファイルはセキュリティのかかっていない「ただのPDFファイル」になってしまうことです。このようにして、「印刷」というアクションを通じて、セキュリティのかかったPDFファイルも、結果的にセキュリティが削除された状態になるというマジックが起こるわけです。

こうして再PDFファイル化によって生成されたPDFファイルは、ただのPDFファイルになっていますので、もはや、印刷を禁止するPDFビューアではなくても、普通にAdobe® Readerで閲覧できてします。上級者でなくても、誰でも印刷可能な状態になります。

もちろん、もっと原始的な方法を取って、紙に印刷したものをスキャンして再びPDFファイル化することも手間はかかりますが、可能になってしまいます。

ですから、高い機密性を帯びたPDFファイルを社員などに公開する必要がある場合は、何が何でも印刷ができないようにする必要があります。もちろん、携帯電話のカメラ機能などの存在や手書きでも情報を写すことも不可能でないことなどを考えれば、どこかで妥協する必要があるのでしょうが、できる範囲でできるだけのことをしたいというのが企業の情報公開担当者様の共通の思いと思われます。

そのような思いにお応えできるものが、株式会社プランセスの「PDF No Save」(ピーディエフ・ノー・セイブ)です。

PDF No Save・AJモードと他のPDFセキュリティ商品との比較


PDF No Save
・AJモード

(スタンドアローン版)
A社製品C社製品S社製品備考
価格(税込み)
amazon.co.jpなど
での販売価格
(2015年12月4日現在)
23,760円約24,700円無料約2,000円
印刷禁止※1※1※1※1 一般的なPDFセキュリティ製品で作成したPDFファイルの場合、一部のPDFビューアではセキュリティが無視され、普通に印刷できてしまいます。
保存対策※2×××※2 (仮に保存されたとしても、)特定のURL・パスでしか再表示できないPDFファイルに加工することができます。
デジタル署名による
改ざん禁止機能
××ただし、実際に使用している個人・企業はあまりいないと思われます。
全般的な信頼性※3※3 「PDF≒A社」であり、デファクトスタンダード的存在。

 あくまでも、セキュリティ機能に絞った機能比較です。PDF No Saveは保存対策に特化した製品であり、他社の製品に見られるような、しおりを追加したり、ページの挿入削除機能などの編集機能はありません。

 PDF No Saveには、Adobe® Readerのツールバーを非表示にし、ブラウザのメニューからの保存も禁止するHTMLモードを併用していただくと、より強力なプロテクトが可能です。HTMLモードを併用していただくと、PrintScreenキー対策もオプションで可能になります。




| ホーム | AJモード(Acrobat® JavaScriptを活用した対策)の詳細 | HTMLモード(保存行為そのものを禁止) |
| AJモード(通常版)体験版 | HTMLモード体験版 | PrintScreenキー対策などの有料オプション | よくある質問(HTMLモード) |
| AJモード(スタンドアローン版)の体験版・ダウンロード | AJモード(スタンドアローン版)・よくある質問
| AJモードとHTMLモードの比較サンプル | お申し込み | 会社案内 | サポートについて | お問い合わせ |


© 株式会社プランセス 2012-2016