PDF No Save・AJモード(通常版)・動作環境

同じAJモードでも、通常版の場合は設定方法によって動作環境が大きく異なります。詳細は、下記の一覧表をご覧ください。
AJモードと、もう一つの保存対策「HTMLモード」(Adobe Readerのツールバーを非表示にし、ブラウザのメニューからも保存できなくするソリューション)との併用の場合の動作環境はこちらを参照してください。

▼AJモード(通常版)「単独」でご利用の場合の動作環境

推奨設定ご利用時一部環境に対して危険な設定であることを了解しつつ、
設定することのできる設定
WindowsWindows XP以上Internet Explorer 6以上
(Lunascape、MSN Explorerを含む)
Adobe Reader X以上Adobe Reader 6.0以上
Firefox × ×
Google Chromeのバージョン15以上×
Microsoft Edge × ×
Operaのバージョン31以上×
Sleipnir(Blink版)×
Mac macOS Sierra(10.12.x)
El Capitan(10.11.x)
Yosemite(10.10.x)
Mavericks(10.9.x)

Mountain Lion(10.8.x)

Lion(10.7.x)

Snow Leopard(10.6.x)
SafariAdobe Reader 10.1.3以上
Google Chromeのバージョン15以上×
Firefox× ×
Leopard(10.5.x)Safari× Adobe Reader 7.0以上
Google Chromeのバージョン15以上×
Tiger(10.4.x) Safari× Adobe Reader 7.0以上



●AJモード「単独」の場合に「は」動作しない主要環境
・Microsoft Edge(Windows 10)
・Windows Firefox(バージョン51以下の場合はブラウザの設定変更により動作しえます。)
・Mac Firefox
・iPhone/iPad
・Android


●サーバの動作環境
本対策は、FTPソフトで、対策済みPDFファイルをサーバにアップしていただくだけですから、サーバ側に事前にインストールしていただくソフトウェアやモジュールは一切ありません。ですから、Linuxサーバでも、Windowsサーバでも動作します。また、ApacheでもIISでも動作します。

 ごく稀に、MIMEの設定だけ、WEBサーバ上でやっていただく必要がある場合があります。PDFファイルへのリンクをクリックした場合に、ブラウザ上に表示されるのではなく、一旦ダウンロードダイアログが表示され、ローカルに保存される場合、サーバの設定が「PDF No Save」にとって適切でないということになりますので、MIMEの設定が必要です。MIMEの再設定により、PDFファイルがブラウザ内に表示されるようにされれば、どのタイプのサーバでも動作します。


<< 「PDF No Save」 AJモード・トップページに戻る© 株式会社プランセス